水漏れトラブルは水回り箇所で起こりやすいもの

水漏れトラブルは水回り箇所で起こりやすいもの 私たちが何気なく暮らしている中で、突然やってくるのが水回りのトラブルです。これまで当たり前のように使っていた水回りでトラブルが起きたとき、多くの方は目の前のトラブルをどのように対処していいのか困惑してしまいます。トラブルの状況によってはパニックに陥るかもしれません。
専門的な知識や技術がなければ応急処置も修理も難しいのが水回りのトラブルなので、自力でどうにかしようとしても難しいのが現状です。最終的に専門業者へ修理を依頼することになりますが、何が原因で水漏れトラブルなどが起こるのか分かっているだけでも万が一に備えて心構えができるものです。水漏れトラブルはどうして起きてしまうのか、予備知識を一つずつチェックしていきましょう。

■清潔が一番大事なキッチンで起こる水のトラブル

キッチンで水が漏れるトラブルが起きたらどうしたら良いでしょうか。ご飯を作っている余裕などなく、目の前のトラブルをどのように改善したらいいのか悩んでしまうはずです。また、状況によってどこから水が漏れているのか分かりにくいこともあるでしょう。例えばキッチンの床が濡れている場合です。食事の準備をしているときに床を濡らしてしまったかもしれないと思い込むこともあるので、床を拭いた後も普段通りに過ごしてしまいがちです。
ところがほどなくしてまた床が濡れていたらどうでしょうか。おそらく水をこぼしたのではないと気づくはずです。どこから水が漏れているのか自力で見つけることが困難ではありますが、キッチンのどこから水が漏れやすいのか把握しておくだけでも予備知識としてトラブルが起きたときに役立ちます。

■トイレも水のトラブルが起こりやすい場所
トイレに入ろうとしたとき、よく見ると床が濡れていたり、タンクや便器に水滴がついていたりすることがあります。少し濡れている程度なら拭いてキレイにすればいいと思う方もまだまだいるようですが、その小さな水漏れがいずれは大きな水のトラブルを招いてしまうかもしれません。
例えば、季節によって結露が起こりやすい時期であれば結露をふき取るだけでいいのですが、それが結露ではなかった場合はトラブルと考えられます。どこかでトラブルが起きているから水が漏れてきているのですから、早急に対処をしなければなりません。トイレの水漏れは何が原因になっていることが多いのか、知っておくことはとても大切です。

■案外気づきにくいバスルームの水のトラブル

バスルームはシャンプーしたり体を洗う場所なので、水で濡れていても気にならない場所です。そのため、漏れていても、それがトラブルだと気づきにくいのです。濡れることが前提に作られているので耐水性があることも、トラブルに気づきにくい理由かもしれません。
常に湿気があったり水で濡れている状態も多いので、水が漏れていても放置しがちなため、これが原因で水以外のトラブルを呼び込んでしまう恐れがあります。こうなると状況によって大掛かりな修理やリフォームなども必要となり、思いがけず大きな出費に繋がることもあります。気づきにくいからこそ、バスルームではどんな水のトラブルが起こりやすいのか確認して、以前との違いをどんな形で気づくことができるのか知っておきましょう。

■まとめ
水漏れのトラブルは珍しいものではありません。だからといって頻繁に起こるものではないものの、劣化による水漏れトラブルを考えてみると、建物は平均的に劣化していくものですから、一ヵ所の水回りでトラブルが起これば他の水回りも近いうちにトラブルが起こる可能性が高いと判断できます。以前の状況と何かが違うと察知した場合、その状況が小さな変化だとしてもトラブルが拡大する前に専門業者へ相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース